がん検査キットおすすめ比較|自宅で簡単癌検査

おすすめのがん検査キットが分かる比較サイト

骨粗鬆症の検査を自宅で行う方法とは?

骨がスカスカになり簡単に骨折してしまったり、腰や背中が曲がってしまう骨粗鬆症。調べるには特別な機械が必要と思われていますが、実は自宅で簡単に検査ができるんです。

骨粗鬆症を調べる自宅検査方法

骨粗鬆症の検査方法1.骨の丈夫さ自己検査

年齢とともに骨は少しずつ脆くなっていきますが、日常生活のちょっとしたことでも骨折してしまうほど骨が弱ってしまうのが骨粗鬆症です。

骨粗鬆症になっているかを調べるためには、まず自分の骨が健康な状態かどうかを知ることが大切です。

まずは、自分の骨の丈夫さを知るための自己検査を行い、骨粗鬆症のリスクがあるかどうかを調べてみましょう!

骨の丈夫さ自己検査

Q.ちょっとしたことで骨折をした

骨粗鬆症の検査方法2.骨粗鬆症なりやすさ自己検査

骨粗鬆症の多くは、ホルモンバランスに加え、不規則な生活や不摂生が長年蓄積された結果として骨が弱くなり、発症します。

今の自分の生活が骨粗鬆症になりやすいのかどうかを下記の診断でチェックしてみましょう。

また、各設問の問題は自分の生活習慣を振り返るきっかけにもなりますので、骨粗鬆症の予防としてもお役立ていただけます。

骨粗鬆症なりやすさ自己検査

Q.外食は1日1食かそれ以下

骨粗鬆症の検査方法3.郵送検査キット

「骨の丈夫さ自己検査」と「骨粗鬆症なりやすさ自己検査」の結果でどちらか、またはどちらもA~Cに当てはまった方は、骨粗鬆症に気を付けなければなりません。

骨粗鬆症になっている、またはなりやすい状態になっていますので、定期的に自分の骨の状態をチェックしながら、生活習慣を改善して骨粗鬆症を予防していくことが大切です。

骨の状態をより詳しく検査をするためには、いくつかの方法がありますが、なかでも一番手軽に行えるのが郵送検査キットです。

自分のお小水を取り検査に出すだけで、より正確に骨粗鬆症の危険性を調べることができます。

自宅で簡単に行える検査ですので、1年に1回を目安に定期的に行いましょう。

↑PAGE TOP