がん検査キットおすすめ比較|自宅で簡単癌検査

おすすめのがん検査キットが分かる比較サイト

胃がん検査キットで費用節約!自宅で検査する方法とは?

患者数・死亡者数ともに多い胃がんは、ピロリ菌との関係が良く知られていますが、実はもう一つの胃がん検査「ペプシノゲン検査」も非常に重要な役割を持っています。
自宅で簡単に受けられ、胃がんのリスクをしっかりできる人気の検査キットをご紹介します。

胃がん検査はピロリ菌だけじゃない!?自宅で受けるペプシノゲン検査とは

毎年5万人が死亡している胃がん

男女あわせて、がんの中の罹患数が最も多いと言われている胃がんは、毎年5万人もの方が亡くなっており、がんの中でも特に身近な種類です。

ピロリ菌で胃がんになるって本当!?」でも掲載している通り、ピロリ菌と胃がんには深い関わりがありますが、実は、胃がんのリスクを知るためには、ピロリ菌の有無だけでは十分とは言えません。

幼少期ピロリ菌に感染した方は、ピロリ菌の毒素によってゆっくりと細胞の破壊が進んでいき、胃の粘膜が縮れて色が褪せた「萎縮性胃炎」に変化します。

この萎縮性胃炎は、胃がんが発生する兆候として必ず表れるもので、胃がんのリスクを持つ状態と言えるのです。

胃がんはピロリ菌そのものが引き起こすのではなく、ピロリ菌の毒素によって生じた萎縮性胃炎ががん細胞に変化することで発症します。

ですから、自宅で胃がんの検査を行う方は、ピロリ菌の検査だけでなく、萎縮性胃炎が起こっているかどうかも併せて検査を受けておくことが大切です。

胃がんのリスク「萎縮性胃炎」がわかるペプシノゲン検査

胃がんに変化する可能性のある萎縮性胃炎は、消化酵素の元となる「ペプシノゲン」という物質の量を測ることで、簡単に調べることができます。

ピロリ菌によって萎縮性胃炎が引き起こされると、胃酸の分泌量が少なくなります。

消化酵素である胃酸が少なくなるということは、その材料となっているペプシノゲンの量も、必然的に少なくなります。

これを血液検査で調べることで、萎縮性胃炎が発生しているかどうかを調べることが出来るのです。

このペプシノゲンによる胃がん検査は、自宅で受けられる検査キットでも簡単に調べることが出来ます。

血液検査と聞くと、自分でできるのか不安に思う方も多いですが、自宅でも安全に検査を受けられるよう工夫されています。

血糖値の測定と同じ様に、専用の器具を使って指先から血液を少量採取するだけですので、病院の血液検査ように多量の血液を採取する必要はありません。

当サイトでご紹介している検査キットは、自宅で受けられる検査の中でも特に利用者が多く、安心・安全・簡単に実施できるものだけをご紹介していますので、ご安心ください。

自宅で簡単リスクチェック!胃がん検査キットおすすめランキング

健康バスケットの「胃がん検査」

健康バスケット
検査方法
血液検査
価格(税込)
4,999円~
送料
420円(5,000円以上で送料無料)
検査所要日数
約10日
検査対象外
胃切除手術をした、上部消化管疾患がある、腎不全・透析中など

健康バスケットの胃がん検査キットは?

がん検査キット販売店の中で、最も人気を集めているお店です。健康保険・共済組合の専従者として30年以上もの間実績を重ねています。胃がん検査で使われる血液検査の採取方法は、「血液を濾紙に染み込ませるだけ」という最も簡単な方法を採用しています。初めて自宅で検査を受ける方でも、難しい手順が一切ないので、安心して検査を受けられます。価格も良心的でお求めやすく、夫婦・家族揃って購入したい方にも人気です。

デメカルの「胃がんリスクチェック」

デメカル
検査方法
血液検査
価格(税込)
9,720円~
送料
324円(2800円以上で送料無料)
検査所要日数
5日~1週間後
検査対象外
記載なし

デメカルの胃がんリスクチェックは?

血液で行う検査キットの開発・販売に特化しているお店です。検査にいくつかの手順があり、他社よりも少し手間がかかりますが、その分わずかな血液で超高精度の検査を受けられるようになっています。胃がんリスクチェックでは、ペプシノゲン検査だけでなく、ピロリ菌の検査も同時に行ってもらう事が出来ますので、これ1つで胃がんの検査をしっかりと受けることが出来ます。本検査キットは、既に送料無料条件を満たしているので、無駄なお金もかかりません。

↑PAGE TOP