がん検査キットおすすめ比較|自宅で簡単癌検査

おすすめのがん検査キットが分かる比較サイト

胃痛の原因はもしかしてピロリ菌!?

胃痛で悩んでいる、胃痛が治らない、その原因はどこにあるのでしょうか。胃痛を引き起こす原因について、分かりやすく解説しています。

あなたの胃痛、どの原因?

原因1.アルコールやカフェイン

適量であれば胃液の分泌を促進するため、消化を助けてくれるアルコールやカフェインですが、実は胃を荒らす原因となってしまうこともあるのです。

アルコールやカフェインはたくさん飲みすぎたり、空腹時に度数の強いお酒を飲むことで、胃の粘膜を刺激しすぎてしまいます。

そうすることで胃の粘膜に炎症が起こり、胃痛が起きてしまうのです。

原因2.刺激物

香辛料やタバコといった刺激物は、よくある胃痛の原因です。

刺激物は胃の粘膜を荒らしてしまうため、摂取しすぎると炎症が起こり、胃痛となります。

また、刺激物はこの他にも、熱すぎる・冷たすぎる飲食物も刺激物に入ります。

冬に温かいもの、夏に冷たいものを摂りたい気持ちは分かりますが、温度には注意しましょう。

原因3.食生活の不摂生

忘年会、新年会、歓迎会、送別会・・・こういった場面で食べ過ぎたり、飲みすぎたりしてしまうこともあると思います。

暴飲暴食は、胃に急激な負担を強いるので、胃の粘膜が傷つきやすく、胃痛を引き起こしやすくなります。

特にアルコールは、原因1でも挙げられているように胃の粘膜を刺激し過ぎてしまうため、暴飲することで胃にダブルの負担となってしまいます。

原因4.ストレス

適度なストレスは私たちの健康のためにも必要ですが、そのストレスが過度にかかってしまうと自律神経の乱れを引き起こします。

自律神経は、消化器の活動を調整するために関わっているのですが、自律神経が乱れることで胃酸が出過ぎてしまうことがあります。

胃酸は強い酸性ですから、過度な胃酸の分泌は胃の粘膜を攻撃し、炎症を引き起こして胃痛の原因となってしまうのです。

また、自律神経の乱れによって血液の流れが悪くなった場合は、胃の粘膜を守る働きが低下してしまうため、刺激に弱くなり、胃痛が起こりやすくなります。

さらに、急激に過度なストレスが加わった場合、胃自体が過剰に委縮したり、けいれんを起こすことで胃痛が発生することもあります。

原因5.ピロリ菌

原因1~4はどれも自分の生活に関わることですが、これといって当てはまらない場合、あるいは当てはまっても時間が経過しているといった場合には、ピロリ菌の感染が疑われます。

ピロリ菌は「ヘリコバクター・ピロリ」という細菌で、胃粘液の中で増え、粘膜を壊してしまいます。

そうすることで、胃に炎症が起こり、胃痛が発生します。

ピロリ菌にあまり馴染みがないかもしれませんが、実は日本人の2人に1人が感染している非常に身近な存在です。

もちろん、生活習慣の原因とピロリ菌の感染とが一緒に起こっている可能性もあります。

慢性的な胃痛に悩まされている方、生活を落ち着けても胃痛が治らない方は、ピロリ菌が原因かもしれません。

↑PAGE TOP